スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

スズメバチの巣を安全に駆除する方法 出来れば初期のうちから

今回はスズメバチを駆除する方法を紹介していきます。スズメバチはこちらから近づいたり、刺激を与えなければ攻撃してくることはありません。ですが例えば家の軒下やベランダ、庭の木などに巣を作られてしまうと近づかないというのも無理な話です。なので被害を未然に予防する為にも駆除をする必要があります。

 

スズメバチの巣を駆除する

スズメバチは女王蜂の産卵時期はとても神経質になっており、攻撃性が増しています。

 

強力な顎や、ちょっとやそっとの衣服は簡単に貫通する毒針などありますので、駆除にはリスクがつきまといます。

 

防護服を使おう

そのためスズメバチの退治にはちょっとやそっとの装備ではあまり意味をなしません。

 

頭部はヘルメットでできており、顔面は透明アクリル板、布の部分は顎や針を通さないよう特殊な加工がされた「防護服」を使用することをおすすめします。

 

スズメバチの駆除にはピレスロイド系の成分が配合されている薬剤を使いましょう。アース製薬のハチアブマグナムジェットなどがよく使われます。

 

スズメバチの巣は業者にお願いしよう

まず自分で巣を駆除しようとする前に近くの市町村や保健所に相談してみることをおすすめします。市の安全を考えて無料で請け負ってくれたり、業者を紹介してくれたり、費用を一部負担してくれたりします。

 

ただどのような対応をしてくれるかはそれぞれ違います。費用は全額負担かもしれません。

 

専用の防護服がない場合は、個人でスズメバチの巣を相手にするのは非常に危険なので、よほどの理由がないかぎり業者にお願いするようにしましょう。

 

巣が初期段階なら

巣がまだきわめて小さい初期段階なら、遠くから蜂専用の殺虫スプレーをかけて蜂が全滅したようなら、巣を網などで撤去します。

 

この時は白い長そで・長ズボン、頭からゴミ袋を被るなどして生き残りに襲われないように注意を払いましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

よく巣をつくりやすい場所は?
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
巣の作り始めの時期はいつ?
スズメバチの巣をつくられる前に手を打つことが大切です。スズメバチが巣を作り始める時期はいつごろなのでしょうか。また巣作りにかかる時間などについても解説しています。
巣は落とすだけでは意味がない
スズメバチに巣を作られてまれに「落とすだけ」という処理方法をする人がいますが、それだけではまた作り直してしまう可能性が高いです。二度とスズメバチに巣を作らせない為の方法を紹介します。
巣を冬に駆除することの意味
冬におけるスズメバチの巣の対策,冬には蜂たちはどこにいくのか?などわりと疑問に思う人が多いようなので、解説しておきます。
巣を壊したらその後蜂たちはどこへ行く?
スズメバチの巣を壊したらそのあとどうなるのか?反撃したりしてこないのか?といった不安の声をきくのでそれについてお答えしていきたいと思います。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策