スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

スズメバチの巣を冬に駆除することの意味

冬におけるスズメバチの巣の対策,冬には蜂たちはどこにいくのか?などわりと疑問に思う人が多いようなので、解説しておきます。

 

冬に蜂の巣に蜂はいるの?

9月から10月の秋が深まっていく季節は新女王蜂誕生の時期にあたります。この時期働き蜂の警戒心がマックスになり攻撃性も増して活動が活発になります。

 

ですが冬になれば蜂の巣に蜂は一匹もいなくなります。

 

スズメバチやアシナガバチは冬までに女王蜂以外の働き蜂が全滅します。越冬できるのは女王蜂だけなのです。

 

そしてその女王蜂もずっと蜂の巣にいるわけでなく、近くにある越冬場所(倒木や土の中)に移動して春になるまで冬眠しています。その間女王蜂は体内に貯めた脂肪を栄養に厳しい冬を乗り越えるのです。

 

冬に蜂の巣を駆除するのは無意味

したがって冬になってから蜂の巣を始末してももう意味がないのです。廃墟を壊してもその場所がお気に入りになっていればまた越冬した女王蜂が戻ってきて巣を作り始めるでしょう。

 

蜂の巣をできるだけ安全に取り除きたいのなら、蜂の巣の作り始めの初期の段階に撤去しましょう。

 

蜂激取りで女王蜂をトラップにはめてもいいし、営巣しているところを狙って殺虫スプレーを噴射してもいいでしょう。

 

女王がいなければ蜂の巣もできませんし、蜂の巣ができなければ働き蜂も生まれることはありません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

よく巣をつくりやすい場所は?
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
巣の作り始めの時期はいつ?
スズメバチの巣をつくられる前に手を打つことが大切です。スズメバチが巣を作り始める時期はいつごろなのでしょうか。また巣作りにかかる時間などについても解説しています。
巣は落とすだけでは意味がない
スズメバチに巣を作られてまれに「落とすだけ」という処理方法をする人がいますが、それだけではまた作り直してしまう可能性が高いです。二度とスズメバチに巣を作らせない為の方法を紹介します。
巣を壊したらその後蜂たちはどこへ行く?
スズメバチの巣を壊したらそのあとどうなるのか?反撃したりしてこないのか?といった不安の声をきくのでそれについてお答えしていきたいと思います。
巣を安全に駆除する方法/出来れば初期のうちから
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策