スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

スズメバチの巣は落とすだけでは意味がない

スズメバチに巣を作られてまれに「落とすだけ」という処理方法をする人がいますが、それだけではまた作り直してしまう可能性が高いです。二度とスズメバチに巣を作らせない為の方法を紹介します。

 

 

中途半端な駆除は無意味?

もちろんそのままその場所で作ることを諦めて他の場所で作ることもありますが、その場所が気にいっていればまた同じ所で作り始めます。

 

また巣を壊されたことで働き蜂が行き場を失ってしばらく周辺をぶんぶん飛び回っています。この時のスズメバチは非常に攻撃的でたまたま周辺を通る人がとばっちりを喰らう可能性があります。

 

中途半端な撤去の仕方はやめておきましょう。

 

巣を二度と作らせない為に

やるのなら女王蜂を確実に仕留めることです。働き蜂が巣に戻っている夜間に、遠くから蜂用の殺虫スプレーを10秒間程度吹きかけてください。夜襲作戦です。

 

蜂が全滅したらスズメバチの巣をゴミ袋にいれてしっかり口をしめる。そして袋の上から踏みつぶしたのち可燃物として処理してください。

 

また巣を作り始めるのを確実に防ぐためには、巣を作っていた場所を入念に洗剤で洗ったのちに、殺虫スプレーをたっぷり吹きかけておけば大丈夫でしょう。

 

一番は業者にお願いすること

一番良いのは業者、プロの方にお願いすることです。費用に関しては場所や蜂の種類によってかわってきます。

 

相場は10000〜30000円程度です。スズメバチの巣は最長で直径50cmにもなりますからここまでになったら個人で素人がやるのは危険なので業者にお願いすることを強くおすすめします。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

よく巣をつくりやすい場所は?
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
巣の作り始めの時期はいつ?
スズメバチの巣をつくられる前に手を打つことが大切です。スズメバチが巣を作り始める時期はいつごろなのでしょうか。また巣作りにかかる時間などについても解説しています。
巣を冬に駆除することの意味
冬におけるスズメバチの巣の対策,冬には蜂たちはどこにいくのか?などわりと疑問に思う人が多いようなので、解説しておきます。
巣を壊したらその後蜂たちはどこへ行く?
スズメバチの巣を壊したらそのあとどうなるのか?反撃したりしてこないのか?といった不安の声をきくのでそれについてお答えしていきたいと思います。
巣を安全に駆除する方法/出来れば初期のうちから
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策