スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

刺されない為のスズメバチ対策講座

日本で最も多く見られる蜂のうち最も毒性の強いスズメバチ。刺されれば痛みや腫れだけでなく最悪の場合命を落とす危険もあります。今回はスズメバチに刺されないための対策を紹介します。

 

スズメバチに刺されない為に

まず大前提として巣に近づかないことが大切です。

 

もし気がつかずに巣に近づいた場合は蜂は攻撃に転じる前に周囲を飛び回る警戒行動にでます。

 

そしてその後は歯をカチカチならす警告をしたのち、それでも立ちさらない場合に毒針で攻撃をしてきます。

 

蜂の警告を決して無視しないようにしてください。

 

また香水や化粧水などはスズメバチのだす仲間を呼ぶ為の「警報フェロモン」に似た臭いらしく勘違いして襲ってくる場合があります。

 

スズメバチが活発になる時期

蜂に最も刺されやすいのは働き蜂の活動が活発になる8月〜10月の期間です。巣が拡張を加速しスズメバチの攻撃性が最も高まる時期でもあります。

 

またスズメバチに限らず蜂は温かい所で活動が活発になります。

 

家の周囲、軒下、天井裏、床下にまで巣をつくることがありますので、蜂をよくみる環境ではこの時期十分注意するようにしましょう。

 

万が一刺されてしまったら

万が一刺されてしまった場合は(⇒スズメバチに刺された時にとるべき応急処置)にて紹介していることを参考にしていただき、すぐに病院の皮膚科に受診するようにしましょう。

 

たとえスズメバチに刺されるのが一度目でも稀にアナフィラキシーショックを発症する例がありますので、油断は大敵です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

刺されたことによる腫れやかゆみを改善する
スズメバチに刺されたら局所症状として患部が赤く腫れ上がり、同時に強烈なかゆみや痛みを伴います。スズメバチに刺された場合の腫れや痒みの改善方法を紹介します。
刺されたらとるべき応急処置
スズメバチに刺されてもきちんと応急処置をして速やかに病院にいけば助かります。今回はスズメバチに刺された時の応急処置について解説しています。
刺されたらどのような症状がでるの?
スズメバチに刺された時に起こり得る症状をまとめています。
刺されたら病院の何科で診療してもらえばいいの?
スズメバチに刺されたのですが、何科で診療を受けられるのでしょうかという疑問を持つ人が結構おられるみたいなのでお答えしておきます。
刺された場合効果的な市販の薬ってあるの?
毒性が強いスズメバチに刺された時は、様子見などせずに病院にいってすみやかに治療を受けることが先決です。ですがそれまでに応急処置として市販の薬を塗っておく必要はあります。
アレルギーの抗体検査の重要性
蜂に刺されないようにすることは勿論ですが、一回刺された時に自身がアレルギー体質になっていないかどうか抗体検査しておくようにしましょう。
毒性について知っておこう
スズメバチにも色々な種類がいるのですが強力な毒性を持つものが多く、かつ攻撃的な面が強いです。今回はスズメバチの毒の成分、毒性について詳しくお話しています。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策