スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

スズメバチの毒性について知っておこう

スズメバチにも色々な種類がいるのですが強力な毒性を持つものが多く、かつ攻撃的な面が強いです。今回はスズメバチの毒の成分、毒性について詳しくお話しています。

 

毒針を持つのは雌だけ

毒針というのはそもそも生殖器が変化したものなので、もっているのは雌だけです。これは全ての蜂共通ですね。

 

また女王蜂も毒針を持っているは持っているのですが、攻撃性は低く人を刺すことはほとんどありません。

 

オスの蜂は毒針こそもたないですが、敵と認識した者に対して刺すモーションは見せます。

 

刺したら絶命!?

ミツバチの場合針を刺したらそのまま内臓ごと針が抜けるため絶命してしまうというのは結構有名な話です。これは針に「かえし」がついているという構造上の問題なのですが、スズメバチの場合この「かえし」がないため一度刺しても絶命することはありません。

 

スズメバチの毒の成分

スズメバチの毒液は様々な成分の混合液であり「毒のカクテル」とも呼ばれるそうです。

 

炎症作用をもつヒスタミン、アナフィラキシーショックの原因となるペプチド、たんぱく質などなど。

 

蜂に刺された後、ムヒアルファのような抗ヒスタミン剤を塗ると良いといわれるのは毒液に含まれるヒスタミンによる炎症を抑えるためなのです。

 

毒液は警報フェロモンとして作用する

また厄介なのは毒液は針で注入するためだけではなく、毒液を空中に飛散させて仲間を呼ぶ為の警報フェロモンとしても利用されるということです。

 

これにより仲間を集めて集団で襲ってくるのです。蜂に刺されたら速やかにその場を離れろというのはこの集団の追撃を免れるためです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

刺されない為のスズメバチ対策講座
日本で最も多く見られる蜂のうち最も毒性の強いスズメバチ。刺されれば痛みや腫れだけでなく最悪の場合命を落とす危険もあります。今回はスズメバチに刺されないための対策を紹介します。
刺されたことによる腫れやかゆみを改善する
スズメバチに刺されたら局所症状として患部が赤く腫れ上がり、同時に強烈なかゆみや痛みを伴います。スズメバチに刺された場合の腫れや痒みの改善方法を紹介します。
刺されたらとるべき応急処置
スズメバチに刺されてもきちんと応急処置をして速やかに病院にいけば助かります。今回はスズメバチに刺された時の応急処置について解説しています。
刺されたらどのような症状がでるの?
スズメバチに刺された時に起こり得る症状をまとめています。
刺されたら病院の何科で診療してもらえばいいの?
スズメバチに刺されたのですが、何科で診療を受けられるのでしょうかという疑問を持つ人が結構おられるみたいなのでお答えしておきます。
刺された場合効果的な市販の薬ってあるの?
毒性が強いスズメバチに刺された時は、様子見などせずに病院にいってすみやかに治療を受けることが先決です。ですがそれまでに応急処置として市販の薬を塗っておく必要はあります。
アレルギーの抗体検査の重要性
蜂に刺されないようにすることは勿論ですが、一回刺された時に自身がアレルギー体質になっていないかどうか抗体検査しておくようにしましょう。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策