スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

スズメバチのアレルギーの抗体検査の重要性

スズメバチに一度刺されたら体内に抗体ができ、蜂毒に対してアレルギー体質になってしまう可能性があります。

 

そうなると二度目さされたときにアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。特にスズメバチは毒性が強いのでその傾向が顕著になります。

 

刺されないようにすることは勿論ですが、一回刺された時に自身がアレルギー体質になっていないかどうか抗体検査しておくようにしましょう。

 

 

スズメバチのアレルギー検査内容

蜂毒アレルギーの検査は花粉症や皮膚アレルギーの検査と同様にしてもらうことができます。※

 

※検査は何科?という質問をよく見ますが蜂毒のアレルギー検査を請け負っているのは大抵「皮膚科」です。費用は2000〜3000円くらいが相場かと思います。

 

検査の内容は血液検査と皮膚検査があります。

 

血液検査

血液を採取し、血中の蜂毒の抗体量を調べることによりアレルギー体質になっているか否かを判定します。

 

皮膚検査

皮膚検査としては皮膚に蜂毒を垂らしたり、薄めた蜂毒を皮膚に注射したりしてその経過をみて判定します。

 

万が一刺された場合

検査をしてアレルギー体質だとわかった上でも万が一スズメバチに刺されてしまったら、ショック症状が起こる可能性が高いと判断してすぐに『⇒アナフィラキシーショック発症前の応急処置』を施してください。

 

とくに医療関係の資格がない一般人でも購入・使用が可能な「エピペン」というアドレナリン注射が販売されていますので、それを注射して血圧の低下や気管の縮小による呼吸困難を防ぐことができます。

 

自分がアレルギー体質かどうかしっておけばこうした応急グッズも備え持っておくことが出来ますよね。これも蜂の抗体検査が重要な理由です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

刺されない為のスズメバチ対策講座
日本で最も多く見られる蜂のうち最も毒性の強いスズメバチ。刺されれば痛みや腫れだけでなく最悪の場合命を落とす危険もあります。今回はスズメバチに刺されないための対策を紹介します。
刺されたことによる腫れやかゆみを改善する
スズメバチに刺されたら局所症状として患部が赤く腫れ上がり、同時に強烈なかゆみや痛みを伴います。スズメバチに刺された場合の腫れや痒みの改善方法を紹介します。
刺されたらとるべき応急処置
スズメバチに刺されてもきちんと応急処置をして速やかに病院にいけば助かります。今回はスズメバチに刺された時の応急処置について解説しています。
刺されたらどのような症状がでるの?
スズメバチに刺された時に起こり得る症状をまとめています。
刺されたら病院の何科で診療してもらえばいいの?
スズメバチに刺されたのですが、何科で診療を受けられるのでしょうかという疑問を持つ人が結構おられるみたいなのでお答えしておきます。
刺された場合効果的な市販の薬ってあるの?
毒性が強いスズメバチに刺された時は、様子見などせずに病院にいってすみやかに治療を受けることが先決です。ですがそれまでに応急処置として市販の薬を塗っておく必要はあります。
毒性について知っておこう
スズメバチにも色々な種類がいるのですが強力な毒性を持つものが多く、かつ攻撃的な面が強いです。今回はスズメバチの毒の成分、毒性について詳しくお話しています。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策