スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂のアナフィラキシーショック発症前にやるべき応急処置

症状がでてからでは手遅れになってしまう可能性もあります。アナフィラキシーショックになる前にやるべき対処法について解説していきます。

 

対処法一覧

アナフィラキシーショックは発症してから急いで対処するのでは遅すぎます。刺されたら以下の行動を必ずとってください。

 

その場を離れる

まず刺された時にはすぐにその場を離れてください。一回目刺した時に警報フェロモンである毒液を飛散させて仲間を呼ぶ恐れがあります。※ちなみに香水の匂いもこのフェロモンの匂いと蜂にとっては似ているらしいです。

 

救急車を呼ぶ

症状がでてからでは遅いので場を離れたらすぐに救急車を呼んでください。いつどこで、だれが・・・など状況を詳しく説明します。

 

水で患部を洗う

患部を水道水などで冷やしてください。傷口を洗うのと同時に患部を冷やすことで毒の吸収を抑制できます。

 

薬を塗る

刺された患部に抗ヒスタミン系成分がはいったステロイド系軟膏を塗ります。

 

安静にしておく

救急車がくるまで安静に待機しておきましょう。血圧の低下を避けるために足は15〜30cm程度上げておきます。

 

初めて刺された場合でもショック症状は起こり得る

また油断してはいけないのが始めて刺された場合のでアナフィラキシーショックを発症する可能性はあるということです。

 

これは一度に複数回刺されることが原因といわれています。

 

なので始めて刺された場合も同様の対処をしてすぐに病院で治療してもらうようにしてください。

 

※毒性の強さについて
毒性の強さは
スズメバチ>アシナガバチ>ミツバチ
の順です。

 

毒性が強いほどアナフィラキシーショックが起こる可能性が高くなります。毒性が弱いミツバチでもショック症状が起こることはありますので油断できません。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

発症確率
日本で最も被害者が多いのはスズメバチによるものです。スズメバチは非常に警戒心・攻撃性とそれに見合った攻撃力を持ちあわせているので非常に危険です。スズメバチにより命を落とす人の要因として「アナフィラキシーショック」というものが挙げられます。
原因
「アナフィラキシーショック」は蜂に複数回さされたら起こる命を落とす危険性もあるアレルギー反応です。その原因は何にあるのでしょうか。
治療方法
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
症状が出た時の対応
アナフィラキシーショックが発症した場合の対応・対処法について解説しています。アナフィラキシー発症する前に一刻も早く病院で治療を受けることが大切なのですが、万が一発症してしまった場合できる対応は全部しておく必要があります。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策