スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂のアナフィラキシーショックの症状が出た時の対応

アナフィラキシーショックが発症した場合の対応・対処法について解説しています。アナフィラキシー発症する前に一刻も早く病院で治療を受けることが大切なのですが、万が一発症してしまった場合できる対応は全部しておく必要があります。

 

アナフィラキシーショックの経過と対応

アナフィラキシーの症状は一刻も早い治療が求められますが、救急車がくるまで手をこまねいて待っているわけにもいきません。救急車がきてきちんとした処置を受けられるまでしておくべき対応を以下に紹介しておきます、

 

毒針を除去する

ポイズンリムーバー(吸引器)をもっていればそれで毒や毒針を抽出するようにします。ただこのとき下手につまんだりすると逆に毒針や細菌を体内に押し込んでしまう危険もあるので注意してください。

 

エピテンを注射する

ショック症状を一時的に緩和させる為の補助治療剤です。本人もしくは同伴者が注射してもいいものです。

 

安静にする

無理に動かしたりしないで仰向けにして両足を広げて足を高くした状態にしておきます。血圧を低下させない為の処置です。

 

※いったん症状が治まっても
アナフィラキシーショックの症状は一度治まったとしても再発することがあります。例え症状が治まったからといって安心せずに救急車を呼びましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

発症確率
日本で最も被害者が多いのはスズメバチによるものです。スズメバチは非常に警戒心・攻撃性とそれに見合った攻撃力を持ちあわせているので非常に危険です。スズメバチにより命を落とす人の要因として「アナフィラキシーショック」というものが挙げられます。
原因
「アナフィラキシーショック」は蜂に複数回さされたら起こる命を落とす危険性もあるアレルギー反応です。その原因は何にあるのでしょうか。
治療方法
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
発症前にやるべき応急処置
症状がでてからでは手遅れになってしまう可能性もあります。アナフィラキシーショックになる前にやるべき対処法について解説していきます。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策