スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂のアナフィラキシーショックの治療方法

アナフィラキシーショックの症状が発症した際にはどのような治療を受けなければいけないのでしょうか。

 

アナフィラキシーショックの治療ガイドライン

アナフィラキシーショックの治療は緊急を要します。なぜならアナフィラキシーショックの症状は刺された後1時間以内に起こることが多いからです。

 

15分以内、遅くとも30分以内の早急な治療が必要といわれています。

 

この場合の治療というのは呼吸困難を食い止める為の気道の確保、酸素供給。血圧低下や意識障害を食い止める為の輸液や薬剤投与です。

 

アナフィラキシーの治療薬とは

一概にアナフィラキシーショックといってもその症状は人によって違いますので投与する薬も違ってきます。

 

■心拍の増加や血圧の上昇を抑えるのはエピネフリン

 

■炎症の原因であるヒスタミンの働きを阻害するために用いるのは抗ヒスタミン薬

 

■心臓のショック症状に使うのはβ作動薬

 

■血糖値を上昇させてショック症状を回避するために使うのはグルカゴン

 

いずれも素人考えでどれを使うということは決まられないので、症状が起きる前に病院にいくことが大切です。

 

アナフィラキシーショックの予防

アナフィラキシーショックを予防するには蜂に刺されないことが大切です。

 

蜂に刺されないためには蜂の警戒や警告の時の行動を理解すること、蜂のテリトリーにむやみに近づかないことが大切です。

 

濃い色の服を着る、強い香水や化粧水をつける、汗を大量にかく・・なども蜂の攻撃を誘発する行為です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

発症確率
日本で最も被害者が多いのはスズメバチによるものです。スズメバチは非常に警戒心・攻撃性とそれに見合った攻撃力を持ちあわせているので非常に危険です。スズメバチにより命を落とす人の要因として「アナフィラキシーショック」というものが挙げられます。
原因
「アナフィラキシーショック」は蜂に複数回さされたら起こる命を落とす危険性もあるアレルギー反応です。その原因は何にあるのでしょうか。
症状が出た時の対応
アナフィラキシーショックが発症した場合の対応・対処法について解説しています。アナフィラキシー発症する前に一刻も早く病院で治療を受けることが大切なのですが、万が一発症してしまった場合できる対応は全部しておく必要があります。
発症前にやるべき応急処置
症状がでてからでは手遅れになってしまう可能性もあります。アナフィラキシーショックになる前にやるべき対処法について解説していきます。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策