スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

アシナガバチの巣の駆除方法

アシナガバチの特徴や駆除方法を紹介しています。スズメバチなどと退治方法に違いはあるのでしょうか。

 

アシナガバチの特徴

アシナガバチは細長い体と、長い後ろ足が特徴的で、体には黄色い斑点があります。巣作りは4月ごろから始まり、越冬はしません。

 

アシナガバチは益虫だった?

アシナガバチに関してはスズメバチなどと比較したら攻撃性は低いです。その為基本的にはあまり積極的に駆除することも少ないですね。

 

むしろ農作物に害を及ぼす芋虫や毛虫を狩ってくれますので益虫としての側面も強いんですよ。

 

ただいたずらするなど刺激をすれば刺してくることはあるので、小さい子供がいるなど不安な場合は以下の方法で駆除しておきます。

 

アシナガバチの巣の駆除方法

基本的にアシナガバチも他の蜂の駆除方法とそう大して違いはありません。巣が近くにあるのなら、市販されている蜂用のスプレーを巣に10秒間ほど噴射してください。

 

巣の蜂が全て落っこちたことを確認したら、虫網の中にゴミ袋を仕込み、そこに巣を棒で叩きいれます。ゴミ袋い入れることができたら口をしっかりしめて可燃ごみとして処理しましょう。

 

時間帯としては巣にこもっている夜間や朝方が望ましいです。

 

昼間だと活発に活動していますので、外にでている蜂は駆除しそびれてしまいます。

 

駆除する時の服装

あまりガチガチの防護服をする必要もありませんが、白い長そで・長ズボン、白い手袋、長くつ、防止などを身につけて素肌や髪の毛が見えないようにします。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

巣を作り始める時期
アシナガバチの巣作りの時期を知ることで巣をつくられる前に対応することができますよね。女王蜂が巣を作る前に女王蜂を駆除してしまいましょう。
刺されたら/毒性や応急処置について
日本を代表する蜂としてミツバチやスズメバチに名を連ねるアシナガバチ。今回はそのハチナガバチの毒性や刺された時の対処法を紹介しています。
生態・種類・越冬について
スズメバチ、ミツバチと並んで有名な蜂であるアシナガバチ。その生態について詳しく解説しています。
スズメバチとアシナガバチとの違い
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策