スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂の巣を駆除・撤去した後の処理

スズメバチやアシナガバチといった危険性の高い蜂の巣の駆除をしたあとでもしばらくは周辺の警戒が必要です。今回は蜂の巣の駆除後の注意点について解説しています。

 

 

巣を撤去した後に生き残りが返ってこないようにするには

スズメバチのような蜂の巣を撤去したことのある人ならわかるかと思いますが、撤去した後でもしばらく生き残りの蜂が帰巣本能で周辺を飛び回っています。

 

この時彼らは巣がなくなったことでご立腹でとっても攻撃的になっているので注意してください。戻ってこないようにする方法もあります。

 

駆除した後に殺虫剤をたっぷりかけるのです。蜂用のものが望ましいです。蜂にとってはすさまじい毒性なわけですからね。

 

そうしておけば再びそこに巣をつくることもないでしょう。

 

生き残った蜂はどうなるの?

ですが基本的に駆除を免れた蜂であってもその後自力で生きていくことはできません。

 

なぜならスズメバチの成虫の餌は幼虫の分泌液だからです。巣を壊されるということは幼虫が生きていけなくなるということ、すなわち成虫の生命線が断たれることになります。

 

また生き残った働き蜂が女王になるということもありませんので、巣がふたたび作られることはなくやがて全滅します。(働き蜂だけでは巣をつくることは出来ない)

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

お金がかからない蜂の巣対策
庭やベランダに蜂の巣ができてしまった時の対策や予防方法を紹介しています。私も毎年夏から秋にかけて蜂が巣を作りだしますので、小さいうちに撤去しちゃいます。大きくなると面倒なので・・・。
蜂に巣を作らせない方法
スズメバチにせよミツバチにせよ巣に近づかなければ攻撃してはこないのですが、ベランダや庭、家の軒下など近づかないわけにはいかないような身近な場所に巣を作られるのは面倒なものです。なんとか蜂に巣を作らせない方法はないのでしょうか。
蜂の巣の駆除に適した時間帯とは
蜂の巣を駆除するにしても時間帯に気を使ってみることでその後の処理がいくらか楽になります。
蜂の巣の駆除は役所がしてくれるの?
蜂の巣の、とくにスズメバチの巣の存在は周辺に住む住民の安全をおびやかすものなので、市役所に依頼すれば撤去・駆除を引き受けてくれることが多いです。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策