スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂に巣を作らせない方法

スズメバチにせよミツバチにせよ巣に近づかなければ攻撃してはこないのですが、ベランダや庭、家の軒下など近づかないわけにはいかないような身近な場所に巣を作られるのは面倒なものです。なんとか蜂に巣を作らせない方法はないのでしょうか。

 

出来た巣を撤去したり、そこに集まる蜂を退治する方法は色々紹介されていますが、ようは初めから作らせないためにはどうすればいいのか?というテーマですね。

 

蜂が営巣を好む条件

蜂は基本的に以下の条件を満たす場所に巣を作りたがります。
@日当たりが良い
A雨をしのげる
B巣の周囲に一定の空間がある
C乾いた場所
D直角の箇所
逆にいえばこういった条件を満たさない場所が蜂が巣を作りたがらない場所になります。

 

まあでもこういった条件を満たさない場所のほうが珍しいですよね。@とAとBはどうしようもない場合もありますので、潰せる条件としてはCやD・・・ですね。

 

直角の箇所にはビニールか発砲スチロールでもつけて直角をなくす、あと常に湿り気がある場所には蜂は巣を作りませんので常に壁を濡らしておく・・・というのも一つの手ではあります。

 

殺虫スプレーを壁に塗布しておく

ただ四六時中水で濡らしておくのは場所によっては傷みにも繋がりますよね。他に考えられる方法はいくつかあります。

 

例えば蜂の巣がいつも作られる場所に殺虫スプレーをたっぷりかけておくのです。

 

蜂は臭いに敏感ですので、毒性の強い蜂専用のスプレーをつけておけばしばらくは近づかないでしょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

お金がかからない蜂の巣対策
庭やベランダに蜂の巣ができてしまった時の対策や予防方法を紹介しています。私も毎年夏から秋にかけて蜂が巣を作りだしますので、小さいうちに撤去しちゃいます。大きくなると面倒なので・・・。
蜂の巣の駆除に適した時間帯とは
蜂の巣を駆除するにしても時間帯に気を使ってみることでその後の処理がいくらか楽になります。
蜂の巣の駆除は役所がしてくれるの?
蜂の巣の、とくにスズメバチの巣の存在は周辺に住む住民の安全をおびやかすものなので、市役所に依頼すれば撤去・駆除を引き受けてくれることが多いです。
蜂の巣を駆除・撤去した後の処理
スズメバチやアシナガバチといった危険性の高い蜂の巣の駆除をしたあとでもしばらくは周辺の警戒が必要です。今回は蜂の巣の駆除後の注意点について解説しています。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策