スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

2回目蜂に刺された時はもう助からないの?

蜂に2回目刺されたらアレルギー反応である「アナフィラキシーショック」が起きて命を落とす危険があるというのは結構有名な話ですよね。

 

アナフィラキシーショックの症状

アナフィラキシーショックの症状としては
・呼吸困難
・血圧低下
・意識障害
・発熱
・じんましん
などが代表的です。致命的なケースになる場合も非常に多い危険な症状です。刺されてから30分以内にこういった症状がみられた場合はアナフィラキシーショックの可能性が非常に高いです。

 

アナフィラキシーショックの原因

原因は一度目さされたときに体内で抗体ができてしまう為です。ようは蜂の毒に対してアレルギー体質になるということなのです。

 

そして2度目にさされたときに抗体が過剰反応を起こして上記で述べたような症状が30分前後で発症します。

 

2回刺されたら助からないの?

ただ全員が全員2回刺されたからといってそうなるわけでもありません。2回目刺されても普通に生きている人もいます。

 

また2度目さされても早急に適切な治療を行えば最悪の事態は避けることができます。

 

抗体ができる人・できない人、できても平気な人、平気じゃない人がいる

もう少し掘り下げて説明すると一度目に刺された時に抗体が出来る人とできない人がいます。

 

この時に抗体ができなかった人は二回目刺されたとしても前回より少し強い痛みや腫れ、痒みが起こる程度で症状は数日で緩和します。

 

そして抗体ができてしまった場合であっても2度目さされたときに全員がショック症状が起こるわけではないです。約80〜90%の人は局所的な痛みや痒みでこれもまた数日で消えます。

 

のこりの10〜20%の人にはショック症状がでますが、このうち呼吸困難や意識障害など命にまでかかわってくるのは数%です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

蜂に刺されたらとるべき応急処置
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
蜂に刺されない方法・刺される原因
蜂に刺されない方法の一つの前提条件として「絶対に近づかないこと」というのがあります。駆除するにしても素人知識でどうにかしようとするのは危険です。また無意識に蜂を刺激することもあるのでその際はターゲットになりやすいです。今回はそんな無意識で狙われて蜂に刺されない方法をまとめて紹介しています。
蜂刺されでアレルギー反応が出た時の応急処置
蜂刺されで怖いのは患部が腫れたり、痛くなったりすることではなく、全身症状として現れる「アレルギー反応」です。アナフィラキシーショックというやつです。呼吸困難やじんましん、意識が薄くなるといった症状が出始め、最悪命を落とす可能性もあります。
蜂刺されに効くおすすめの市販薬
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策