スズメバチ,巣,駆除,方法

<スポンサードリンク>

蜂に刺されたらとるべき応急処置

蜂にに刺されたとしても焦ってはいけません。冷静に正しい応急処置をすれば大事になることはそうそうありません。今回は蜂に刺された時の応急処置の方法を紹介していきます。

 

速やかに刺された場所から離れる

蜂は刺した後に警報フェロモンである毒液を空気中にまきちらします。それにつられて仲間の蜂が追撃してくる可能性があるのですぐにその場から離れることが大切です。距離としては刺された現場から20〜30mくらいが目安です。

 

※逃げる時の注意点
逃げる時に急な動きをしたり、大声を出すのはNGです。蜂の習性としてこういった行為は攻撃性を助長させます。速やかに離れるといっても慌てて逃げることはしないでくださいね。

 

両足を広げた状態で仰向けに

安全な場所に避難したら、横向きになって両足を15〜30cm程度上げてください。心臓へ流れ込む血液が増加し、アレルギー反応である血圧の低下を防ぐことができます。

 

蜂の毒液を吸い出す

登山やキャンプなどでポイズンリムーバーを携行していたら、それで毒を吸い出します。吸引器がなければ指でつまんでひねりだしてください。

 

※毒を吸い出す時の注意点
毒を吸い出すときにやってはいけないのが「口で吸い出す」行為です。テレビなどでやっているのを見たことあるかもしれませんが、これは口・傷口双方ともに感染症になるリスクがありますので絶対にやめましょう。

 

患部を冷やす

刺された患部を流水で冷やします。傷口を洗う意味もありますが、患部を冷やすことで毒の吸収を妨げる意味合いもあります。

 

患部に薬を塗る

患部に市販の薬を塗ります。抗ヒスタミン成分がはいったステロイド系の軟膏をつかいましょう。 

 

※傷口に尿をかけると効くはウソ?
よくいわれる民間療法として「傷口に尿をかけて毒を中和する」というものがありますが、これは効果がないのでやめましょう。むしろ雑菌で悪化する可能性もあります。

 

病院の皮膚科にいく

応急処置が済んで蜂にさされたら様子見などせずにすぐに病院にいくようにしましょう。アレルギー症状が出てきてしまい、救急車を呼ぶのならどこで、誰が、どうして、何に・・・などこちらの状況を本人、もしくは同伴者が説明しましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

蜂に刺されない方法・刺される原因
蜂に刺されない方法の一つの前提条件として「絶対に近づかないこと」というのがあります。駆除するにしても素人知識でどうにかしようとするのは危険です。また無意識に蜂を刺激することもあるのでその際はターゲットになりやすいです。今回はそんな無意識で狙われて蜂に刺されない方法をまとめて紹介しています。
蜂刺されでアレルギー反応が出た時の応急処置
蜂刺されで怖いのは患部が腫れたり、痛くなったりすることではなく、全身症状として現れる「アレルギー反応」です。アナフィラキシーショックというやつです。呼吸困難やじんましん、意識が薄くなるといった症状が出始め、最悪命を落とす可能性もあります。
蜂刺されに効くおすすめの市販薬
蜂の中でも特に毒性の高いスズメバチの対策をまとめています。スズメバチの駆除・巣の撤去・巣作り予防方法、万が一刺された時の応急処置など蜂対策の全てが当サイトでわかります。
2回目蜂に刺された時はもう助からないの?
蜂に2回目刺されたらアレルギー反応である「アナフィラキシーショック」が起きて命を落とす危険があるというのは結構有名な話ですよね。

 
蜂の巣対策 スズメバチ対策 アシナガバチ対策 ミツバチ対策 アナフィラキシーショック対策